トラウマ(自己愛の傷つき)

0

     

     

    今日、スーパーに買い物に行った時の光景です。

     

    お母さんと小学生の男の子がいました。

     

    お母さんにくっ付いていただけなのですが、

     

    「うろちょろしてさー、あんた目障りだから、

     

     車に戻ってなさいよ!!!」と子供に言うのです。

     

    えっ? どこが目障りなの?

     

    何もしていないじゃないの、

     

    誰にも迷惑もかけていないよ、

     

    なんでそんなこと言うのDocomo108

     

    親に、目ざわりだと言われた

     

    男の子の気持ちを思うと

     

    私は心がものすごく痛くなり、

     

    悲しくなりましたゆう★

     

     

    すんなり言うと言うことは、

     

    平気でいつも使っていると思われます。

     

    たぶんこのお母さんも、

     

    かつて言われていたのだと思います。

     

     

    人間は自分の自己愛を守るために生きています。

     

    自己愛とは自分の価値です。

     

    価値が下げられる、価値がないということが、

     

    人は一番怖いのです。

     

    人間の価値は生きている意味ですから、

     

    価値がなくなること、それは死を意味します。

     

    目ざわりだと言われたことは、

     

    消えろと言われたことで、

     

    死ねと言われたと同じです_| ̄|○

     

     

    トラウマを構成するのは「恐怖と痛み」です。

     

    人を殺すのに刃物はいりません。

     

    言葉の力は恐ろしいものですゆう★

     

    親は言葉を吟味して使う必要があります。

     

     

     

     

     

     

    10月14日から新しく始まりますき手

     

    ラカン心理学で解く〜病気のメカニズムと予防&治療〜

     

       セラピールーム グリーンテラス

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    会話が出来ない(愛着の欠如)

    0

       

      合コンに行ってる女性たちからよく聞くことに、

       

      一対一になると、会話がすぐ途切れてしまい、

       

      話しが続かないと言います。

       

      質問に応えると、それに対して「あっそうなの」で

       

      すぐ終わってしまうしと。

       

      これでは、話題が広がりませんよね汗

       

       

       

      どうして話題が広がらないか?

       

      それは相手に関心がないからです。

       

      ではどうして関心がないかDocomo108ですよね。

       

      それは、そもそも「愛着」体験をしていないから、

       

      相手に愛着を感じないから、

       

      関心が湧かないのですゆう★

       

      相手のことをもっと知りたいと思うから、質問をします。

       

      愛着と関心がないと、知りたいと思わないのです。

       

       

       

      愛着体験とは、言い換えれば

       

      しっかりとお母さんに抱っこされたという体験です。

       

      しっかり抱っこされたということは、

       

      自分は母に愛着された、関心を持たれたと思いますheart

       

      この体験を経て、

       

      後に、人は人への愛着と関心が持てますニコッ

       

      このことが会話にまで影響するのですから、

       

      恐ろしいことですね・・・

       

       

      愛着と関心がないのですから、

       

      実はさほど結婚願望もないと言うことになります。

       

      会話が出来る人を選びましょうハート

       

       

       

       【10月14日 子育て相談&子育てアドバイザー講習会】

       

       

           セラピールーム グリーンテラス

       

       

       

       

       


      自律性(自分の殻を破る)

      0

         

        ハイハイしていた赤ちゃんは、

         

        1才前後から、なんとか危なげながら自分で立って歩けるようになり、

         

        親も感動する嬉しい出来事ですよね!!

         

        もちろん、赤ちゃんにとっても

         

        世界が全く変わる大きな出来事ですひらめき

         

        そしてもう一つの変化は、言葉をしゃべり始めます。

         

        2才前後になると「イヤエクステンション」と言い始めます。

         

        歩けることと、言葉を使うことにより、

         

        子供の自我が芽生え始める時期です。

         

         

        赤ちゃんの世界が劇的に変化すると言ったのは、

         

        今までは歩けないししゃべれないので、

         

        お母さんに全権を委ねるしかなかったのですが、

         

        自力歩行できますから、

         

        自分からくっついたり離れたり、自由自在です。

         

        これは空間的な母との分離になります。

         

        又、自分がする事に対して、お母さんはダメと言うので、

         

        それに対してイヤ!と主張します。

         

        そうするとお母さんは怒って、またダメと言います。

         

        こうして、歩行と言葉によって、空間的にも心理的にも

         

        母との分離という大きなテーマがのしかかってきます。

         

        この時期に「自律性」を獲得できるかどうかが掛かっています。

         

        大人になって「自分の殻を破れない」と言う言葉は、

         

        実はこの時期の関係障害に遡ります。

         

        殻を破って外に出て行けないということは、

         

        自分の足で前へ行けないということですから、

         

        自力歩行が出来ないことと一緒です。

         

        ひよこちゃんさえも自力で殻を破って外に出ますDocomo_kao8

         

         

         

        と言うことは、殻はお母さんの庇護であり、

         

        お母さんと離れたくない心理を語っています。

         

        お母さんは、甘えと依存の象徴です。

         

        いつまでも子供でいたい、大人になりたくない、

         

        それは自律できないと言うことになります。

         

         

        なぜそうなるのでしょうか?

         

        それは、子供時代に思いっきり甘えられなかった、

         

        もっと甘えたかった、依存したかった・・・

         

        という切ない思いが残り、

         

        いつまでも満たされないまま、

         

        心の時が止まっているからです。

         

        そして、親のダメに逆らえず、

         

        言うなりになってしまった、

         

        情けない自分がそこにいます_| ̄|○

         

         

        そんな自分を自分は知っていますが、

         

        どうしても認めたくありません。

         

        でも認めれば、前を向いて歩けることも、

         

        実は本人が一番よく知っています手

         

        情けなくて弱いのは自分だけではありません、

         

        誰でも人間は弱いものです。

         

        受け容れると、もっと強くなろう!!と思えてきます。

         

        一歩踏み出す勇気が必要になります。

         

         

         

         

        【10月14日 子育て相談&アドバイザー講習会】  

         

         

         

          セラピールーム グリーンテラス

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        自己愛と自己嫌悪(否定)

        0

           

          自分の中には、良い自分と悪い自分がいます。

           

          そうすると、良い自分と悪い自分の比率が発生します。

           

          ・・・どんな比率が浮かびましたか?

           

          9対1、7対3、5対5、3対7、2対8…みなそれぞれですね。

           

           

           

          例えば、9対1や7対3の人は自分が大好き!

           

          ということですから、自己愛者ですねゆう★

           

          逆に3対7や2対8の人は、自己嫌悪、自己否定ですゆう★

           

          このように自己評価を自分で行っています。

           

           

           

          自己愛者は、自分が好きですから、自信が生まれます。

           

          自信を持てば積極性が出ます。

           

          こうして自己肯定と自信と積極性の3点セットで、

           

          運命を開いていきますき

           

           

          一方、自己否定者は自分が嫌いですから、

           

          自信も積極性もありません。

           

          受け身ですから、引っ込み思案で消極的になります。

           

          結果現実は何も変わりません・・・

           

          自己嫌悪は無力感を生み出し、段々物事から退却していきます。

           

          ですから、例えば4対6なら、

           

          無力感もその程度の比率になると考えられますゆう★

           

           

           

          自己評価は自分が行っていると書きましたので、

           

          そもそもの最初の評価は誰からされたかは、

           

          お気づきだと思いますが、

           

          やはり養育者(親)になります。

           

          もしその評価が気に入らなければ、

           

          書き換えましょう手

           

           セラピールーム グリーンテラス

           

           


          愛情は抱っこで伝える

          0

             

            言葉が分からない赤ちゃんに、

             

            愛情はどうやって伝わっているのでしょうかDocomo108

             

            それはやはり、抱っこです。

             

            さすがに大人になれば抱っことは言いませんが、

             

            愛情表現の一つは抱擁ですハート

             

             

            抱っこは、包まれるということで、

             

            守られているという感覚をもたらします。

             

            ですから、包み込むように抱っこしてあげて下さい。

             

            そうすると無意識のうちにホッとします。

             

            このホッとする感覚が、「安心と安全」という言葉に置き換えられます。

             

            人間が一番最初に求めるもの、

             

            それはまず安心と安全の確保です。

             

            赤ちゃん時代に、この言葉を体に覚えさせるのが抱っこになります。

             

            刻印された文字は生涯にわたり継続します。

             

            そして、包まれていることは温かい♡と感じます。

             

            だから愛情は温かいというイメージを持ちます。

             

            更にもう一つ、確かに抱きしめられている!と感じるのは

             

            ギュッとされることです。

             

            子供はよく「ギュッとして!」と言いますよね。

             

            ちよっと強く抱きしめてあげることで、

             

            お母さんの愛情の意志が伝わります。

             

            「包む、温もり、ギュッ」

             

            この3つが抱っこで、愛情ですハートニコ

             

            言葉はいらないのです。

             

             

            10月14日の【子育て相談&子育てアドバイザー講習会】の

             

            テーマは「母性・オールok子育て」です。

             

            出産・育児相談室】は10月5日です♬

             

            是非一度ご参加下さい手

             

              セラピールーム グリーンテラス

             

             

             

             

             

             


            ラカン心理学で解く〜病気のメカニズムと予防そして治療〜  10月14日開講!!

            0

               

               

              『身体は文字が刻まれた辞書』

               

              フランスの精神分析家、ジャック・ラカンの言葉です。

               

              昨年の10月から一年に渡り、ラカン講座を開講してきました。

               

              今回、受講生の皆様から「体の病気のメカニズムと予防&治療」を

               

              ラカン理論で解いて欲しいという要望を頂き、

               

              新たに開講の運びになりました。

               

              予告編として、今回「肺癌」についてちょっとだけお話しさせて頂きます。

               

               

               

              肺は空気を「吸う」と「吐く」という2つの動作を繰り返しています。

               

              吸うと言うことは、受け入れる(受容)ということを意味します。

               

              例えば、排気ガスがたくさん出ている中では思いきり吸えません

               

              しかし、オゾンが噴出している森の中では、思いっきり吸いたくなります。

               

              これは外の空気がとても良好でokだからです。

               

              肺癌になると言うのは、悪い物を吸い込んだ結果です。

               

              空気は環境です。

               

              ですからその環境にいることが拒否されているということです

               

              にも拘らず、そこにいるので吸わざるを得ない、でも吸いたくない。

               

              これを離婚寸前の夫婦の言うセリフに、

               

              「同じ空気を吸うのもいや!」というのがあります。

               

              まさにその状況です。

               

              そうすると、夫婦二人とも肺癌になる可能性があるかというと、

               

              どちらかです。

               

              受容されていないと自分を規定しまった方です。

               

              受け容れて欲しいと思っている人は、受容という言葉に

               

              引っかかってしまいます。

               

              ですから受容されている分には、肺の機能は正常に動きます。

               

              受容されていないと思った人は、吸うが拒否されていますから

               

              「拒絶」という文字が肺に刻印されて、肺が正常に機能しなくなります。

               

              では、治療はというと・・・

               

                       〜9月ラカン心理学講座より一部抜粋〜

               

               

               

              身体は、頭からつま先まで、それぞれの部位に

               

              様々な文字が刻まれています。 

               

              病気になるということは、

               

              本来の文字を書き換えてしまった結果ということになります。

               

              千人以上もの身体に刻まれた文字を解明してきた、

               

              26年の臨床経験を持つ私のスーパーバイザー(師匠)が、

               

              みなさんの知りたい病気を、その場で解き明かし

               

              更に予防と治療編まで講義致します。

               

              うちは、癌家系だから心配だ、うちはみんな心臓病で亡くなっている・・・

               

              罹るかもしれないと心配していれば、必ずその通りになります。

               

              病気を心配しないで、楽しく生きるための講座です手

               

              是非一度ご参加下さい、驚愕の内容です!!!

               

               

              日 時    2017年 10月14日(土) 9:30〜12:00

               

                       *毎月第二土曜日

               

              場 所    泉区中央市民センター

               

              講座料    15000円

               

              問い合わせ  セラピールーム グリーンテラス

               

                     

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              目は何を言いたい? その2

              0

                 

                前回、右目が腫れてしまった記事を書きました。

                 

                目は何を言いたい?の記事はこちらです

                 

                 

                あれから3日・・・実はまだ腫れているのです汗

                 

                昨日の朝はもっとひどくなっていましたゆう★

                 

                3日間の現象をトータルしてみたところ、

                 

                答えは分かりましたひらめき

                 

                目を閉ざしたい現実がずーっとありましたモゴモゴ

                 

                が、中々切り替えることが出来なくて・・・

                 

                私にしたら、人生の大勝負でした・・・

                 

                 

                 

                 

                自分で自分に、

                 

                いい加減、早く目覚めなさいよ汗

                 

                そして、頑張れよーーエクステンションって

                 

                言っていたんですね。

                 

                 

                ということで、

                 

                やっと自分で区切りをつけることにしました。

                 

                お彼岸も近いし、田舎にお墓参りに行ってきました。

                 

                秋晴れの中、久々に4時間ドライブ車

                 

                ご先祖様は全てをお見通しですから、

                 

                話しが早いDocomo_kao8と言うこともあって

                 

                全てをぶちまけて懺悔し沈

                 

                今日までの人生を終わりにしました。

                 

                 

                そして、新たな誓いを宣言し

                 

                生まれ変わりましたきハート

                 

                これが私の今回の区切り方です手

                 

                 

                言葉だけで中々切り替われない人には

                 

                私のように、行為化も一緒にするといいと思いますよスマイル

                 

                 

                 セラピールーム グリーンテラス

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 
                 


                目は何を言いたい?

                0

                   

                   

                  今朝起きたら、右目が腫れていましたkyu

                   

                  あれま汗

                   

                  お岩さんまではいかないけども、ひどい顔ゆう★

                   

                  私はどうしたのかしら?

                   

                  と自分の心に問いかけていました。

                   

                  口はいくらでも嘘が付けますが、

                   

                  身体は嘘はつけませんから、

                   

                  心の代弁者ですハート

                   

                   

                  まず、右目なので、現実の表れになります。

                   

                  「目は口程に物を言う」という諺もありますから、

                   

                  そうすると、私は目で何かを言いたい訳です。

                   

                  色々考えてみました。

                   

                  目が腫れてる、

                   

                  腫れるとまぶたが落ちてきて見えずらい、

                   

                  ということは、現実を見たくない?⇒現実と向き合いなさい!

                   

                  という忠告?

                   

                  それとも、眼(がん)が腫れ⇒がんばれ!という励まし?

                   

                  それとも、目が晴れる⇒目が覚めた!ということ?

                   

                  うーん・・・

                   

                  どれも当てはまるけど、まだ判らない・・・

                   

                  こんな時は、他にも何か現象が起こるはずだから、

                   

                  もう少し待ってみようと思いますニコ

                   

                   

                  心の中を言葉で表現できない時は、

                   

                  身体で表すのがもっともてっとり早い方法です。

                   

                  なぜならば、身体が一番身近にあるからです。

                   

                  他にも身近で言うと、

                   

                  パソコンのネットが突然繋がらなくなったり、

                   

                  電化製品が故障したり、

                   

                  排水溝が詰まったり・・・と、

                   

                  色々な形で表現しますから、面白いですねひらめき

                   

                  それにしても、早く知りたいですゆう★

                   

                   セラピールーム グリーンテラス

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  子育て相談会&子育てアドヴァイザー講習会 参加者の声!

                  0

                     

                     

                      昨日、子育て相談&アドヴァイザー講習会が開かれました。

                     

                     人間の心の形成は、命が宿った時から始まっているんだということを

                     

                     改めて実感した次第でありますハート 

                     

                     妊娠する以前に知って頂けたら、母子共にどんなに救われるか・・・

                     

                     と痛切に思いました。

                     

                     今日は、参加して頂いている方からの声をお届けしますニコッ

                     

                     是非とも、ご参考にして頂き、一度ご参加下さい。

                     

                     

                     

                     

                     ★S・Sさん(20代)

                       

                       未婚で子供もいませんが、理論を学ぶために参加しました。

                      

                      私は、自分に自信がなく、振り返ってみると

                      

                      自ら幸せを遠ざけるようなことばかりしてきたような気がします。

                      

                      いつも自分を責めて苦しかったのですが、

                      

                      理論を学んでみて気持ちが楽になりました。

                      

                      私が完璧でないように親も完璧ではないけれど、

                      

                      親が私のためにしてくれたことには感謝したいと思います。

                      

                       温かい家庭を築くのが夢なので、

                     

                         子育てをすることがこれからあるならば、

                      

                      講習会で学んだことを活かせればと思います。

                     

                     

                     

                     ★A・Sさん(40代)

                     

                       下の子が2才の時に自分の子供たちに対する育児への疑問を持ち、

                     

                      たくさんの育児書を読みましたが、

                     

                      私が求めている答えが全くなく途方に暮れていた時に、

                     

                      インテグレーターと出会い、子供の心理を学ぶことができました。

                     

                      育児は悩むものです。

                     

                      ほんの少しのきっかけとアドバイスが聞けるだけで、

                     

                      救われるという経験をしてきたからこそ、

                     

                      私はアドバイザーになりたいと思いました!

                     

                      これから育児を始める方、

                     

                      育児真っ最中など、どんな方にも受講をお薦めします。

                     

                      子供だけでなく周りの人たちに優しくなれ、

                     

                      なにより自分が変われるというのが

                     

                      この講座の一番の醍醐味だと思います!!

                     

                     

                     

                     ★S・Sさん

                     

                       子育てに悩み、人生に迷い...課題を乗り越えようと

                     

                      試行錯誤を繰り返すも、状況は好転せず...。

                     

                      疲弊し、途方に暮れて長い時間が経過していました。

                     

                      やがてグリーンテラスさんに辿り着き、

                     

                      先生から「知識は身を助けます」と、

                     

                      講座受講を提案して頂きました。

                       春、久々の新学期を新入生の心持ちで迎え、とても新鮮でした。

                      講師の先生の内容の濃い講義、

                     

                      そして共に学ぶ幅広い層の皆さんの質問が、

                     

                      とても参考になります。

                     

                      どんな質問にも即答される先生のお話は、

                     

                      深く納得、腑におちます。 

                      発達心理学に以前から興味がありましたが、

                      

                      (本を読んだり実践を通して学ぶことも勿論大切と思いますが...)

                      

                      コツコツ独学を続けることに限界を感じていました。

                      

                      生の講義は、目から鱗の連続です!!

                     

                     

                       

                    日  時 : 10月14日(土)12時〜14時 

                     

                            *毎月第二土曜日

                     

                    場  所 : 泉区中央市民センター 和室 駐車場は無料

                     

                    講  師 : 師成 正教(精神分析家)

                     

                    講習会費 : 10,000円/一名  15,000円/カップル・夫婦

                     

                    予約・問い合わせ

                          セラピールーム グリーンテラス(オールok子育ての会)

                     

                     

                       出産・育児相談室も毎月開催しています。

                     

                       次回は、9月21日(木) 10時〜11時ですので、お問合せ下さい。

                     


                    女らしさ

                    0

                       

                        前回の子育て相談会&子育てアドヴァイザー講習会は、

                       

                       男らしさ、女らしさの獲得の時期「エディプス期」のお話しでした。

                       

                       これは、4〜6.7才のお話しです。

                       

                      今日は、「女らしさ」はどのようにして身に着けていくか?

                       

                      講座の内容をまとめてみました。

                       

                       

                      女の子も男の子同様に、生物学的に女として生まれたからと言って、

                       

                      女らしさまで備わってはいません。

                       

                      男の子同様に、4才ぐらいから、「あなたは女の子なんだから」などと

                       

                      親や周囲から言われるようになり、自分も意識するようになります。

                       

                       

                      女の子はお母さんと同性です。

                       

                      子供の愛する対象はやはり母ですから、

                       

                      関心はずっとお母さんに向けられてきました。

                       

                      そして女の子は、お母さんのような人に自分もなりたいと思います。

                       

                       

                      ここで大事なのは、やさしいお母さんであればですよニコッ

                       

                      まずここが第一関門で、お母さんが鬼のように怖い人であれば、

                       

                      とてもお母さんのようになりたいとは思いません。

                       

                      また、お父さんから虐げられていても同じですね。

                       

                      母が愛着対象であることで、女の子は母に同一化します。

                       

                       同一化するということは、自分と母はイコールですから、

                       

                       母の位置に自分が立ったということです。

                       

                       

                      そうして、お母さんの目線でお父さんを眺めると、

                       

                      お母さんは、お父さんのことを愛しているし、

                       

                      もちろんお父さんも、お母さんのことを愛していることが分かります。

                       

                      あくまでも両親の仲が良いという絶対条件のもとに話しは進めますね。

                       

                      そしてもう一つ、お母さんはお父さんを尊敬しているし、

                       

                      なんでも知っているお父さんて凄いな、偉いな、素晴らしいなと思い、

                       

                       お父さんに憧れるようになり、母よりお父さんが素晴らしく見え、

                       

                       自分もお父さんの愛を獲得したい!となり、

                       

                      そこで母との愛情関係を解消し、お母さんとライバル関係になります。

                       

                       

                      こうして、関心は母から父へシフトし、

                       

                      私の方がもっと魅力的になれば、お父さんの愛を自分に振り向けられると

                       

                      いうふうに思う訳ですDocomo_kao8

                       

                      ところが、お父さんはお母さんにしか向いていないと分かると、

                       

                      女の子は父に失恋しますDocomo_kao19

                       

                      この失恋させることが大事なことになります。

                       

                      お母さんとお父さんが仲が悪ければ、

                       

                      お父さんは娘を可愛がりますから、

                       

                      お母さんとライバルでもなければ、やすやすとお父さんを

                       

                      獲得出来てしまいます。

                       

                       

                      話しは、お父さんに失恋したことにしましょうね。

                       

                      そうすると、女の子はどうするか?

                       

                      お父さんよりも、もっとステキな男性と出会いたいと思い

                       

                      お父さんの語らいから理想の女性像を見出します。

                       

                       その女性像に向かって、自分が女性になって行くという

                       

                       新たな道を歩み始めるのですハート 

                       

                       女らしさ・・・身に着けるって大変なことでした。_| ̄|○

                       

                       「男らしさ」のブログも合わせてご覧下さい。

                       

                       

                       次回の「子育て相談会&子育てアドヴァイザー講習会」は9/9です。

                       

                       セラピールーム グリーンテラス

                       

                       

                       

                       

                       
                       

                       

                       



                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      ハロー!パソコン教室 

                      みんなのブログ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM