対人関係をスムースにする4つの基本 その5「尊重」

0

     

    セミの声が聞こえます、夏を感じますね〜

    子供の頃は楽しくセミ取りをしていましたが

    今は怖いです(>_<)

     

    6階までどうやって飛んでくるんだろう?

    毎年、お越しになるんですよね

     

    私は声だけで十分ですから〜(;'∀')

     

     

     

     

    対人関係をスムースにする4つの基本も

     

    最終回になりました

     

    今日は「尊重」です

     

    以前の記事はこちらです

    ↓↓↓

    対人関係をスムースにする4つの基本 その1

    対人関係をスムースにする4つの基本 その2「受容」

    対人関係をスムースにする4つの基本 その3「共感」

    対人関係をスムースにする4つの基本 その4「理解」

     

     

    お子さんを尊重して下さいね、とお母さんに言いますと

     

    難しいです、どうすればいいんですか? と必ずおっしゃいます

     

    それもそのはず、お母さん自身が尊重された経験がないので

     

    分からないですよね💦

     

     

     

    子供を尊重するということは(子供に限らず)

     

    子供の選択・考え方・発言を認める、否定しない

     

    ということ

     

    そしてOKを出すということです

     

    実はこれがオールOK子育てなんですけどね

     

    これは、夫婦でも対人関係の全てに同じです!

     

     

     

    OKを出すということは

     

    相手の価値観の領域に入らないということです

     

    これが「尊重された」と思うのです♡

     

     

     

    人は、自分の価値観を人に押し付けようとします

     

    それは自分の価値観が正しいと思っているからですよね

     

    押し付けられた相手は、自分の考え方や発言を否定されたと思い

     

    とても不愉快ですね"(-""-)"

     

     

    自分が尊重されなければ、当然相手も尊重してはくれませんから

     

    まずは自分から尊重してみましょう

     

    相手を尊重すれば、やはり相手も自分を尊重してくれるようになり

     

    とてもいい関係を築くことが出来ます💛

     

     

     

    尊重とは、相手にOKを出すことです

     

    ちなみに

     

    尊敬は、相手にOKを出し、そして凄い!!をプラス

     

    することです

     

    是非、試してみて下さいね

     

     

     

    「受容と共感、理解と尊重」を少しでも身につければ

     

    対人関係がスムースになるばかりではなく

     

    魅力ある愛される人になりますよ✨✨✨

     

     

     

     

    あなたの居場所に セラピールーム グリーンテラス

     

    7/29 人生が変わるラカン心理学☆病気を即答します!!ファイナル

         Facebookイベントページ

     

     

    病気に特化したメルマガを配信中♡

    メルマガでしか言えない真理を書いています☆

    からだはこころの代弁者!体の声を聞いてみよう〜

     

     

     

     

     

     

     


    対人関係をスムースにする4つの基本 その4「理解」

    0

       

      夏休みに入りましたね

       

      トウモロコシ畑でトンボ取りに夢中になってたっけ〜

       

      指をグルグル回して、そーっとトンボを捕まえる

       

      魔法使いになった気分で楽しかった(^_-)-☆

       

       

       

       

      対人関係をスムースにする4つの基本 その4

       

      理解」についてです

       

      以前の記事はこちらです

      ↓↓↓

      対人関係をスムースにする4つの基本 その1

      対人関係をスムースにする4つの基本 その2「受容」

      対人関係をスムースにする4つの基本 その3「共感」

       

       

       

      相手が言った言葉を正確に把握するというのが理解です

       

      理解するためには質問すること

       

      「それはどういう意味ですか?」とか

       

      「言っていることは、こういう意味ですか?」

       

      と、自分が理解した形の言葉で、返してみて下さい

       

      そうすると、一致していれば、そうです

       

      違っていれば、そういう意味ではなくてこういう意味ですと

       

      相手から返ってきます

       

      そうすると、誤解が少なくなりますね

       

       

      理解の果てに訪れるのが親密な関係です♡

       

      ですから、親しい関係を作りたいと思う人がいたら

       

      言っている意味が分かるまで質問してみて下さい

       

       

      聞き返すことは失礼になるんじゃないかと思って

       

      本当は言っている意味がよく分からなかったんだけど

       

      分かったふりをしてしまう

       

      そんなことも経験あると思います

       

       

      実は、質問された方は、自分に関心を持ってくれたと

       

      受け取りますので、より良い関係になります

       

       

      なんかこの人いいな、ステキな人だなと思えば

       

      もっとその人のことが知りたくなりますよね?

       

      興味ないわーって思えば、これ以上会話したくないと思って

       

      早々に引き上げます

       

      それと一緒です

       

       

      ただ聞き方にご注意!

       

      決して尋問のようにはならないで下さいね

       

      取調室になってしまい、相手は引いてしまいますので(>_<)

       

       

       

      夫婦関係でも質問はとっても大事です

       

      ただ、質問した時に相手が「うるさいなー」とか

       

      面倒くさがって応えてくれない時があります

       

      虫の居どころが悪い時もあります

       

      そういう時はそれ以上やると、

       

      やはり相手は尋問されているように感じ

       

      ますます険悪になりますので

       

      一旦やめて、翌日とか機嫌が良くなった時に

       

      改めて聞いてみて下さい

       

      そうすると、案外「あーあれは・・・」と応えてくれます

       

       

      相手のことをちゃんと理解したいから聞くの♡

       

      という思いがあればちゃんと応えてくれます

       

       

      次回は「尊重」についてです

       

       

      あなたの居場所に セラピールーム グリーンテラス

       

      7/29 人生が変わるラカン心理学☆病気を即答します!!ファイナル

           Facebookイベントページ

       

       

      病気に特化したメルマガを配信中♡

      メルマガでしか書けない真理を書いています☆

      からだはこころの代弁者!体の声を聞いてみよう〜

       

       

       

       

       


      対人関係をスムースにする4つの基本 その3「共感」

      0

         

        町内会の夏祭りがはじまりましたね

         

        書いている今も、打ち上げ花火の音が聞こえます

         

        この時期、屋台を出されている方は大変ですね

         

        お疲れ様ですね

         

        たこ焼きと焼きそばは絶対ないとサビシイ私(^-^;

         

         

         

        人間関係を作る4つの基本は「受容と共感、理解と尊重」

         

        これらを少しでも作ればコミュニケーション能力が今より断然アップ!

         

        前回の記事はこちら

        ↓↓↓

        対人関係をスムースにする4つの基本 その1

        対人関係をスムースにする4つの基本 その2「受容」

         

         

        今日は「共感」についてです

         

         

        感動した!

         

        悲しいことがあった・・・

         

        辛くって・・・

         

        それを相手にも分かって欲しいと思うからこそ

         

        人は話しをするんですよね

         

        それが、あっそ、(* ̄- ̄)ふ〜ん と言われてしまってはどうでしょうか?

         

        ガーーン(/ω\)ですよね

         

         

        相手にも自分の感情を共有して欲しい、これが共感です

         

        ですので、同じ価値観を持っている人とは共感しやすいですね

         

        ではその共感をどうやって作るかですね

         

        大変だ! と言ったら、大変たね

         

        辛い と言ったら 辛いね

         

        と言って上げることが共感になります

         

        もっと簡単な言葉は「そうだね」と言うことです!

         

        これは魔法の言葉なんです✨✨✨

         

        間違っても「そうなの?」とは言わないで下さいね💦

         

         

        そうだね〜と言われたら嬉しくなりませんか?

         

        これが共感を作る言葉です

         

        言葉が共感を生むのです

         

         

         

        ここで問題なのが、辛い、苦しいと言われても、気持ちは分かるけど

         

        同意しかねるなんてこともあるかもしれません

         

        例えば、お友達が「〇〇には腹立つわー、いじめてやろか!!」

         

        と言ったとします

         

        聞いたあなたは、気持ちは私も分かる、確かにあの人には腹が立つ

         

        でもいしめはよくないと思うから、とてもそうだねとは言えない

         

        そんなふうに思います

         

        それはそれでいいのです、ただお友達がそう感じている

         

        ということが分かるよ!

         

        と言う意味の「そうだね」の言葉なんですね

         

        よく、ムカつくとか、殺してやろうか!なんて言いますが、

         

        それは口だけ、ただ言いたいだけで

         

        自分の気持ちを分かってくれる人がいたら、語ればそれでスッキリ

         

        もちろん、本当にいじめるとか、犯罪は止めなければいけませんが

         

        そこは判断して頂いて、それ以外のことは、そうだねの一言で

         

        okじゃないかと思います

         

         

         

        また、同情との違いは何かと言いますと

         

        同情とは相手を憐れむことです

         

        同情される方は、馬鹿にされているとか、見下されていると感じます

         

        つまり、同情は上から目線だと相手は感じてしまいます

         

        共感はあくまでも対等の立場です

         

        なので心と心の交流になるのです(^O^)

         

         

         

        人と話すのが苦手でいつも聞き役だという方は

         

        そうだねの一言を言ってみて下さい

         

        相手の反応が変わりますよ(^^♪

         

         

        次回は「理解」について書きます

         

         

         

        あなたの居場所に セラピールーム グリーンテラス

         

         

        ラカン理論に触れる最後のチャンスです☆

        真理の到来を是非一度体験してみて下さい✨

        本当に人生が変わります🌈

        7/29人生が変わるラカン心理学☆病気を即答します!! ファイナル

               Facebookイベントページ

         

         

        病気に特化したメルマガを配信中♡メルマガでしか書けない真理を書いています

        からだはこころの代弁者!体の声を聞いてみよう〜

         

         

         

         


        対人関係をスムースにする4つの基本 その2「受容」

        0

           

          前回の記事で、悩みのNO1は「対人関係」と書きました

           

          前回の記事はこちら

          ↓↓↓

          http://green-terrace.jugem.jp/?eid=919

           

          その対人関係を作る人間関係の基本は

           

          「受容と共感、理解と尊重」という4つが基本で

           

          これらが少しでも作れればコミュニケーション能力がupします

           

           

           

          さて、今日からその一つ一つを詳しく書きますね

           

          今日のテーマは「受容」です

           

          相手を受容するとはどういうことか?ですね

           

           

           

          会話で大切なことの第一は、

           

          相手の話しを最後まで黙って聞くことです

           

          話し終わるまで一切口を挟まない、と言う単純なことではあります

           

          これが単純そうでついつい、そうだよねーとか言いながら

           

          自分の話しに持っていっちゃったりしがちなんですよね(^▽^;)

           

          なので、最初は意識してやってみて下さい

           

          もしかして自分も相手の話しの腰を折っているのか?

           

          もしそうなら要注意ですね!

           

          でも逆にそういう人は、意外と楽で、相手の話しの腰を折らなければ

           

          どんだけ今よりもいい関係が作れるか分かった訳ですから、

           

          これをやるだけで、今よりもコミュニケーション能力アップ絶大ですね

           

          そして習慣化させていって下さいね💛

           

           

           

          そして、次に、相手の言っている言葉や感情を評価しない

           

          で聞くことです

           

          これはちと難しい^^: 

           

          人って大体、相手の話しに良い悪いの〇か✖をつけながら聞いているんです

           

          それって違うんじゃないの?とか

           

          それは当然だなーとか

           

          自分の価値観に合わせてジャッジしながら聞いてしまっています

           

          おまけに、その評価を間髪入れずに言われたらどうでしょうか?

           

          あなたに言われたくない!! と思いませんか?

           

           

           

          あくまでも自分の評価を外して

           

          ありのままを受け取るということが「受容」するということです

           

          これを少しでも心掛けて聞いてみて下さいね

           

           

           

          そうすると、相手は安心します♡

           

          話しを黙って最後まで聞いただけでもですよ

           

          受け入れてもらえたと思うんですよ(@⌒ー⌒@)ノ

           

          そしてそれが何よりも嬉しいんです

           

          何せ、人の話しをまともに聞いてくれる人なんてほぼいませんからね

           

          これだけやるだけでも十分です

           

          相手は嬉しくて、心に余裕が生まれてますから

           

          相手が今度「あなたはどう思う?」なんて話しを振ってくれるんです

           

          そこで出番です!自分の意見を言えばいいんですね

           

          そうすると、もちろん相手も受け入れてくれます

           

          タイミングが大切ですね

           

           

          これは親子でも、職場でも、友人関係全てに適応します

           

           

          相手の話しを黙って最後まで聞く! これをまずはお試し下さいね

           

           

          次回は「共感」について書きます

           

           

           

          あなたの居場所に セラピールーム グリーンテラス

           

           

           

          ラカン理論に触れる最後のチャンスです☆ 真理の到来を是非一度体験してみて下さい✨✨✨

           

          7/29 人生が変わるラカン心理学☆病気を即答します!! ファイナル

               Facebookイベントページ

           

           

          病気に特化したメルマガを配信中♡

          からだはこころの代弁者!体の声を聞いてみよう〜

           

           

           

           

           

           


          対人関係をスムースにする4つの基本 その1

          0

             

            河原を散歩していたら、若者たちがバーベキューをしていました


            この暑い中でも💦

             

            でもこれも夏の風物詩の一つですかね、毎日見かけます(;'∀')

             

             

            みなさんの悩みの中で、ダントツ1位は「対人関係」ですね

             

            私もずーっと悩み続けてきました(´;ω;`)

             

            分析を受けるようになってからは、1/20ぐらいに減りましたけどね

             

            ホント辛くて辛くて大変でしたのでよーく分かります

             

             

             

            今日からシリーズで、対人関係をスムースにしていく方法について

             

            書いていきたいと思います

             

             

             

            家族や友人・知人との親しい関係や憎しみ合う関係

             

            会社の関係など色々な関係がありますね

             

            その中で、社会で中心を占めるのは利害関係だと思いますが

             

            対人関係がうまくいかなくて・・・と悩んでいるのは

             

            利害関係ではなくて「心の交流」がうまくいかない

             

            ということを指して言っていると思います

             

             

            まず、関係には親密度という尺度が生まれます

             

            親密度はどのようにして生まれるかというと

             

            コミュニケーションによって生まれます

             

            コミュニケーションは言葉によって行いますよね

             

            言葉には「伝える」と「理解する」という機能があります

             

            私たちは、何か心のうちにあるものを相手に伝えたいし

             

            伝えたら理解してもらいたい、分かって欲しい、

             

            受け入れて欲しいと思います

             

            つまり、同じ意味を共有して欲しいと思います

             

            共有した時に、人間には共感が生まれます

             

            そして共感してもらえた時に尊重が生まれてきます

             

             

            これを「受容と共感、理解と尊重」と言って

             

            対人関係を作る人間関係の基本になります♡

             

             

            相手を受け入れたり、伝えたり、理解したり、尊重する

             

            という心の働きが不十分だと

             

            うまく対人関係が結べないということになります

             

            なので、誰しもが対人関係に悩まされるのは当然と言えば当然な訳です

             

            ですから、少しでも人間関係をスムースにするには

             

            この4つを実践していけば、コミュニケーション能力が上がる

             

            ということになります❣

             

            自分や相手の性格が問題だからうまくいかないとか

             

            コミュニケーション能力は持って生まれた才能だとか

             

            そういうことではありません

             

            この4つはカウンセリングの基本理論でもありますから

             

            覚えて実践していけば誰でも上がりますよ

             

             

            次回は1つ1つ詳しくお話し致します(^^♪

             

             

             

             あなたの居場所に セラピールーム グリーンテラス

             

            7/29 人生が変わるラカン心理学☆病気を即答します!! ファイナル

                Facebookイベントページ

             

            病気に特化したメルマガを配信中♡

            からだはこころの代弁者!体の声を聞いてみよう〜

             

             

             

             


            人は居場所を求めてさ迷う

            0

               

              家の中に自分の居場所がなかった

               

              と多くのクライアントが言います

               

               

               

              家庭とは憩いの場です

               

              憩いという漢字を分解すると、舌と自と心です

               

              舌で自分の心を躊躇することなく語れる場です

               

              語れると言うことは、親から非難や否定をされないということです

               

              子供の話しを黙って聞いてくれるお母さんがいれば

               

              安心と安全の居場所になります

               

               

              友達と楽しく遊んでも、やっぱり色んな事があり

               

              悲しいことがあったり、傷ついたり、嫌なことがあります

               

              外は危険な場所です

               

               

              そんな心を抱えて家に帰った時に

               

              笑顔のやさしいお母さんが待っていてくれる

               

              それだけでホッとします♡

               

              そして、今日こんな嫌なことがあったと言った時

               

              「辛かったね」と言ってくれるお母さんがいれば、

               

              傷は癒えて、又、外に飛び出していけます

               

               

              あなたもなんか悪いこと言ったからじゃないのとか

               

              言い返せばよかったじゃないのとか

               

              男なんだからめそめそしないのとか

               

              そんな弱気でどうすんのよとか言われたら

               

              傷口に塩を塗られたようなもので

               

              段々その傷口は悪化していき

               

              外に飛び出していけなくなりますし

               

              家も針のむしろになります

               

              でも子供ですから、どこにも行き場がありません(>_<)

               

               

              とにかく早く家を出たいと思い

               

              わざわざ遠くの高校へ行ったり

               

              友達のところを転々として家に中々帰らなかったり

               

              文字通り、家出を何回もしたり

               

              決行まではしなかったけど、一日も早く家を出ることばかり

               

              考えていたとなどと言われます

               

              自分の居場所を作りたくて、早く結婚したという人もいます

               

               

              地球の中で、どこかに安住の地がないかと

               

              自分の居場所を求めて、人はさ迷い続けます

               

               

               

              あなたの居場所に セラピールーム グリーンテラス

               

              7/29 人生が変わるラカン心理学☆病気を即答します!!ファイナル

                    Facebookイベントページ

               

               

              病気に特化したメルマガを配信中♡

              からだはこころの代弁者!体の声を聞いてみよう〜

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              成長には別れがつきもの

              0

                 

                成長するということは、今の自分を手放すことが必要で

                 

                それは捨てるという言い方かもしれませんね

                 

                とすると、今まで持っていた考え方やもの、環境、人とも

                 

                別れなければいけないこともあるかもしれません

                 

                 

                人が一番怖れる言葉が、「分離」、「別れ」、「別離」です

                 

                離れる、別れるということには、悲しみと不安を呼び起こします

                 

                愛する人、愛着のあるもの、慣れ親しんだ環境と一緒にいたものから

                 

                引き剥がされて、一挙に孤独になることは寂しいことです

                 

                人間は、寂しさに取りつかれてしまうと、そこから抜け出せなくなります

                 

                孤独死がそれを証明しています

                 

                なので、うるさくても煩わしくてもなんでもいいから、人がそばにいる方が

                 

                落ち着くので、中々別れられないのですね

                 

                寂しさを紛らわすために、色んな依存症にもなってしまいます

                 

                ですから、孤独の痛みに耐える力がないと、捨てられません

                 

                 

                そして、今までの考え方を手放す=捨てるということは

                 

                例えば、40才だとしますと、40年間の自分の価値観を

                 

                否定しなければいけません

                 

                そうしなければ、新しい知が入ってきません

                 

                 

                カニやエビやヘビなども、必ず今の殻を丸ごと脱ぎ捨てますよね

                 

                それで成長していくんですよね( ;∀;)

                 

                 

                 

                としますと、孤独に耐えられるだけの自我

                 

                別離に押しつぶされない自我が必要です!

                 

                 

                それは「自我理想」(精神分析用語)をしっかりと持つことです✨✨✨

                 

                簡単に言いますと、目標や夢を持つことにおいて

                 

                過去を振り返らずに、前に進むことが出来ます!!

                 

                 

                人は、どうしてもこうなりたいという自分や、叶えたい夢があれば

                 

                そこに情熱を注ぎ、一心不乱に向かいます

                 

                 

                今の自分から自我理想の自分に至るまでの過程を成長といいます

                 

                ということは、夢・目標・自我理想を持って生きている人は

                 

                必然的に色んなものを捨てていっている訳ですね

                 

                自我理想を持っていないと、寂しさに気づいてしまうので

                 

                それはどうしても避けなければいけない

                 

                だから、成長が中々出来ないのです

                 

                 

                まずは、やりたいことを探しましょう(^^♪

                 

                お手伝いさせて下さい(⋈◍>◡<◍)。✧♡

                 

                必ず見つかります☆

                 

                 

                 

                セラピールーム グリーンテラス

                 

                7/29 育児で悩むだけじゃあ勿体ない♡ハッピーすぎる♡子育て講座&相談会

                    Facebookイベントページ

                 

                7/29 人生が変わるラカン心理学☆病気を即答します!! ファイナル

                    Facebookイベントページ

                 

                 

                病気に特化したメルマガを配信中♡

                からだはこころの代弁者!体の声を聞いてみよう〜

                 

                 

                 

                 

                 


                出来ると思えることはしたいこと!

                0

                   

                  男の子が褒められて喜ぶ言葉は

                   

                  スゴイね!!

                   

                  カッコイイね!!

                   

                  女の子が褒められて喜ぶ言葉は

                   

                  カワイイね💛

                   

                  自我を強くする育て方は褒めることです

                   

                   

                  褒められるとみんな自信がつきますね(o^―^o)ニコ

                   

                  自信とは「私はやれる!」という言葉を生み出します

                   

                  私たちは全部、言葉(フレーズ)にして心を作っています

                   

                  もし、私はやれる!という言葉がなければ

                   

                  やれるかな・・・と不安ができます

                   

                  それが自信がないということです

                   

                   

                  ですから、私はやれる!!という言葉を

                   

                  親が褒めてあげて作ってほしいと思います

                   

                  そして、お父さんが「お前ならやれば出来る!」と

                   

                  言ってあげて欲しいですね

                   

                   

                  大人になってからは

                   

                  不安を感じた時には、自己暗示をかけて

                   

                  私はやれる!と打消しの言葉に使うこともいいですね

                   

                  人が弱気になるのは「出来ない」「無理だ」という

                   

                  言葉が浮かんだ時です

                   

                   

                  「私はやれる!」という言葉は、傲慢な言い方でもなく

                   

                  人を蹴落としている言い方でもなくて

                   

                  ただ自分に言い聞かせる言葉です

                   

                   

                  そうすると、やれる方向に脳が動きます

                   

                  やれないと思ったら、やれない方向に脳が動き出し

                   

                  色々とやれないための言い訳を考えます

                   

                  一度やれないと決めたら、わざわざ出来ない理由を

                   

                  どっからか引っ張ってきますので、どうしてもできません💦

                   

                   

                  やれる?やれない?

                   

                  どっちのフレーズも作れてしまうからやっかいですが

                   

                  要はただ言葉を使い分けるだけです

                   

                  その時に感情に囚われていると

                   

                  思考が働かないので、使い分けが出来なくなっています

                   

                  一度、冷静になって下さい

                   

                  そして、弱気を改めて、ただやる!!と決めればいい

                   

                   

                  そして、もう一つ大事なことは

                   

                  出来ないと思っていたことは

                   

                  実は、今はやりたくないことかもしれません

                   

                  ですから、出来ないということにすれば

                   

                  しなくてもいいので言い訳に使えます

                   

                  ということは

                   

                  出来ると思えることは、したいこと!

                   

                  になりますね(^◇^)

                   

                   

                   

                  セラピールーム グリーンテラス

                   

                   

                  7/17 なんでうちの子が?不登校ママの号泣お茶会♬

                      Facebookイベントページ

                   

                  7/29 悩むだけじゃあ勿体ない♡ハッピーすぎる♡子育て講座&相談会

                      Facebookイベントページ

                   

                  7/29 人生が変わるラカン心理学☆病気を即答します!! ファイナル

                      Facebookイベントページ

                   

                   

                  病気に特化したメルマガを配信中♡

                  からだはこころの代弁者!体の声を聞いてみよう〜

                   

                   


                  母のコピーからの脱出!!

                  0

                     

                    俺はあんたのコピーだから!!

                     

                    とある成人男性がお母さんに言いました

                     

                     

                    コピーとは、母と一体化しているということです

                     

                    言い換えれば、主体を持っていないということです

                     

                    コピーをやめて、オリジナルの自分を作らないといけないですね

                     

                     

                    そもそも子供は親のコピーです

                     

                    母が子供をオールokしない限りは、大体は支配することになります💦

                     

                    その支配=コピーからの脱出自律と言います!

                     

                    子供を自律させるためには、自主性と自発性を育てることが必要です

                     

                    子供が、言い出す、やり出すまで親はじっと待っているということ

                     

                    と言うことは、オリジナルの自分を作るということは

                     

                    指示命令は一切しないということになります

                     

                     

                    指示命令をしないと、自我が芽生えます

                     

                    芽生えた証拠は、一次反抗期の2〜3才

                     

                    そして、二次反抗期の思春期です

                     

                     

                    反抗期という表現は、大人から見た表現で

                     

                    子供としては、反抗しているのではありません

                     

                    ただ、ノー、俺はそうは思わないよ、こう思うよ

                     

                    と自分の意見を言っているだけです

                     

                    ですから、なんでも親に逆らうということではないので

                     

                    常に反抗することはありません

                     

                    親の言うことに、いちいち逆らうというのとは違います

                     

                     

                    いちいち逆らうのも、一見主体性があるかのように

                     

                    本人も親も錯覚しますが、

                     

                    ただ言われたことに対して真逆のことを言うという反射

                     

                    をしているだけで、主体性がある訳ではありません

                     

                     

                    自分が親のコピーだと気付いた時が、30才でも40才でも遅くはありません

                     

                    オリジナルの自分は作れます

                     

                     

                    誰にも譲れないもの(欲望)を持っている

                     

                    それがオリジナルの自分だとラカンは定義しました(^◇^)

                     

                     

                     

                    セラピールーム グリーンテラス

                     

                    7/17 なんでうちの子が?不登校ママの号泣お茶会♬

                        Facebookイベントページ

                     

                    7/29 悩むだけじゃあ勿体ない♡ハッピーすぎる♡子育て講座&相談会

                        Facebookイベントページ

                     

                    7/29 人生が変わるラカン心理学☆病気を即答します!! ファイナル

                        Facebookイベントページ

                     

                     

                    病気に特化したメルマガを配信中♡

                    からだはこころの代弁者!体の声を聞いてみよう〜

                     

                     

                     


                    「つまんないな〜」特にやりたいこともない・・・

                    0

                       

                       

                      特別にやりたいこともないという人は結構多いと思います

                       

                      だから、そういう人は「つまんない」とよく言います

                       

                      別に、親に虐待されたとか、学校でいじめられたとか

                       

                      特別なことは何もありません

                       

                      そこそこ親とも普通に会話もし、友達もいて、

                       

                      それなりに勉強もでき卒業して、取り合えず仕事について

                       

                      職場でも普通にやっていたりします

                       

                      可もなく不可もないという環境ですから、何も問題はありません

                       

                      傍からみたら、贅沢じゃないの? 

                       

                      とさえ言われてしまうかもしれません💦

                       

                       

                       

                      これは精神分析では「欲望を作る

                       

                      というテーマ(治療)になります

                       

                      特にやりたいことがないということは、欲望がない

                       

                      という意味になります"(-""-)"

                       

                      欲望がないからつまらない、という言葉になって出てくるんですね

                       

                       

                       

                      セラピーでは

                       

                      自分には欲望がないんだなーと気づくことから始まります

                       

                      そうすると、じゃあどうしたら自分に欲望が作れるのか!?となります

                       

                      そこで分析治療が始まります

                       

                      無から有を作り出す作業になりますから

                       

                      これはやはり一人では中々無理ですね(>_<)

                       

                       

                      もともと欲望はあったんだけども、諦めたとか潰された

                       

                      のであれば、掘り起こし作業が治療ですが

                       

                      全くない場合は、一から作り出さなければいけませんので

                       

                      時間がかかりますが、途中で諦めなければ必ず作れます(^◇^)

                       

                       

                        

                         セラピールーム グリーンテラス

                       

                      7/17 なんでうちの子が?不登校ママの号泣お茶会♬

                          Facebookイベントページ

                       

                      7/29 悩むだけじゃあ勿体ない♡ハッピーすぎる♡子育て講座&相談会

                          Facebookイベントページ

                       

                      7/29 人生が変わるラカン心理学☆病気を即答します!! ファイナル

                          Facebookイベントページ

                       

                       

                      病気に特化したメルマガを配信中♡

                      からだはこころの代弁者!体の声を聞いてみよう〜

                       

                       

                       

                       

                       



                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      ハロー!パソコン教室 

                      みんなのブログ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM