待っていても何もいいことはない

0
    受身的な人は非常に多い、それは待たされてきた人とも言える。

    おっぱいも待たされてきた、欲しいおもちゃもクリスマスまで待ってね、

    誕生日には買ってあげるからね・・・と、要求が叶うまでの時間が長かった。

    おあずけ状態が長かったんですね。

    これではいつもウェィティング状態になってしまう。

    果報は寝て待て、という言葉を信じていつかきっと幸せは神様か他人がもって

    きてくれるだろうと思うのである。

    頑張っていれば必ず誰かが認めてくれるだろう・・・、そんなことはまずありえない。

    人生の主人公は自分である。

    主体的に生きること、それは自らの手で切り開いていくのである。

    人生、受け身になっては決していけない、万が一誰かが拾ってくれるのを

    待っていて誰もやってこなかったらそれは仕方ないなーで終われるか?

    待つのが美徳、そんな言葉もあるが、それで自分の人生美徳なんだろうか?と

    よく考えてみるといいと思う。

    運命は自らの手で積極的・能動的に作っていく。

    待てば海路の日よりあり、ともいうがそれもないのである。

    やっぱり幸せは誰かが持ってきてはくれない、

    幸せに向かって自分が積極的に行動して自らの手で掴むものである。

    待っていても一生待ちぼうけで終わるかもしれない、それでもいいのか? と

    悟ったほうがいいかもしれない・・・



     

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.10.15 Monday
      • -
      • 23:03
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      ハロー!パソコン教室 

      みんなのブログ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM