反抗期(自我の芽生え)

0

     

     

    母に一体化していた時代を経て、自立歩行と言葉を持った2才ぐらいに、

     

    今度は一体化の解消、つまり母からの分離の時期が始まります。

     

    母と自分は「違う」と言う認識をするようになります。

     

    お母さんは、トイレに行ってきなさいと言うけど、私はまだしたくない。

     

    ご飯食べなさいと言うけど、私はまだお腹すいてない。

     

    この相対的違いを知った時が自我の芽生えです。

     

    その違いをお母さんに承認されたということが、自我を作り上げていきます。

     

    その違いを受け入れられなく、「それは違うでしょう」と戻され否定されて

     

    しまうと違いがなくなり自我は設立されません。

     

    違いを尊重され受け入れられて自我は成長していきます。

     

    反抗期とはいいますが、それは親から見た表現であり、

     

    子供から言わせれば反抗してはいません、逆らってはいません。

     

    ただ私はお母さんとは違うよ、と言っているだけです。

     

    お母さんは早く食べなさいと言うけど、私はまだお腹がいっぱいだからと

     

    言っているだけなのです、つまり自分の知覚を言っているだけです。

     

    もう寝なさいと言うけど、私はまだ眠くないよと言っているだけで、

     

    逆らっている訳ではありません。

     

    それを無理やりそんなこと言わずに早く食べなさい、

     

    早く寝なさいと言われ、せっかく自我が芽を出した瞬間に

     

    摘み取られてしまっては元の木阿弥ですゆう★

     

    フレデリック・S・バールズの素晴らしい詩があります。

     

     

    ゲシュタルトの祈り


    私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。


    私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。


    そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

     

    私は私。あなたはあなた。


    でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。


    たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

     

     

    この詩は、私は私、あなたはあなたとちゃんと相手を尊重し認めている

     

    という意味であり、決して冷たく突き放しているということではありません。

     

    自我と非我の区別がなければ、私とあなたは同じになり、

     

    後に自分と違う他者の意見や価値観を認めることが出来ません。

     

    一次反抗期は4才ぐらいまでです、違いを発見する素晴らしい時代ですひらめき

     

    子供が違いを言えた時は喜んで認めてあげて下さいねニコッ

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.10.12 Thursday
      • -
      • 15:53
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      ハロー!パソコン教室 

      みんなのブログ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM