トイレットトレーニング

0

     

    毎月第二土曜日に、子育て相談&アドヴァイザー講習会を開催しています。

     

    今月は7/8、[肛門期(1.5〜4才)自律性」について学びます。

     

    今まで、授乳にしか関心がなかった赤ちゃんは、

     

    今度、肛門に関心が移ります。 

     

    肛門と言えば、トイレットトレーニングです。

     

    参加されたお父さんから、排泄についての質問がありましたので、

     

    掲載致します。

     

     

    排泄のコントロールは、4才までに出来ればいいですが、

     

    これ以上遅いと問題があります。

     

    早くしなさいとか、あれこれ指示しなければ、子供は自分で感じます。

     

    親があまり気にしすぎて、あれこれ言う人がいますが、

     

    本人が感じるようにそっとしておけば、

     

    必ず、遅くとも5才までにはトイレにするようになります。

     

    その前に必ず、ソファーやベッドやカーテンに隠れて

     

    するようになります。

     

    そういう行動が出てきたら、そのままにさせて

     

    それをトレーニングさせること。

     

    それは便意を感じているという証拠ですので、

     

    その時にオマルにする、そしてトイレと段階を変えて

     

    学習すればいいです。

     

    排泄は単なる学習です。

     

    ただ、その知覚に対して、あれこれ親が言わないことです。

     

    本人が感じるという学習は必要です。

     

    5才未満で、間違いなくトイレでするようになります。

     

    それ以上遅いと、ちょっと知覚に対して問題があるかと思います。

     

    知覚とは、あまりにもそこをきれいにしなさいとか、

     

    親がそこに関心が高すぎて、コントロールすると、

     

    こだわりが生まれますので、やはり問題があります。

     

    そうすると「羞恥心」の強い子供になってしまいます。

     

    ですからここは普通に子供に任せていれば、

     

    自らが学習する範囲の話しです。

     

    親があまり過敏になって反応しないことです。

     

    健やかな心のお子さんやお孫さんに育てたい方は

     

    子育て相談&子育てアドヴァイザー講習会

     

    一度ご参加下さいニコッ

     

     セラピールーム グリーンテラス

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.08.05 Saturday
      • -
      • 06:42
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      ハロー!パソコン教室 

      みんなのブログ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM