心=体

0

     

     

    大好きだったカレーが食べられなくなって

     

    かれこれ25年ぐらいになります。

     

    嫌いになった訳ではなくて、

     

    食べた後、決まって2~3時間後に

     

    七転八倒するほど胃が痛くなるのです。

     

    そんなことが何度もあり

     

    それ以来カレーを食べなくなりました。

     

    カレーを食べなくても食生活にはなんの問題も

     

    なかったので、何故?と問いかけもしてきませんでした。

     

    しかし最近になり、カレーはもう食べられる!!

     

    という確信に近いものを感じていました。

     

    自己分析をしてみたら、簡単に解けたのです。

     

    おそるおそる食べてみました・・・

     

    やはり、2~3時間たっても体は反応しませんでした。

     

     

    人間は、何かの思いを持つと、脳(心)がそれを思考して電波を作り

     

    それが神経を通ってホルモンを生成して感情を生み出す

     

    というメカニズムがあります。

     

    つまり脳、思考が人間の体を動かしているのです。

     

    私はカレーに付けていた思い(意味)があり、

     

    カレーを食べる度に、その思いが思考し、

     

    神経を通り「怒り」という感情を生み出していたのです。

     

    又、胃袋は食べ物を受け入れて消化する場所です。

     

    その胃が病むとは、胃袋はカレーを拒否し消化不良を起こしていた訳です。

     

    今回、カレーに添付していた怒りの意味を抜き取ったので、

     

    カレーはただのカレーとなり、なんの反応もしなくなりました。

     

    「心=体」という公式を改めて実感しました。

     

    毎月、心身症講座を開講しています。

     

    今月は、腎臓病と人工透析を作る心のメカニズムと、

     

    心の治療&予防についてのお話しでした。

     

    目からうろこです!!! 病気が回避できます汗

     

    次回は3/10(土)です。

     

    試しに一度ご参加下さいニコッ

     

    セラピールーム グリーンテラス

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.09.19 Wednesday
      • -
      • 17:25
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      ハロー!パソコン教室 

      みんなのブログ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM