死にたい、生きていても意味がない

0
    人間は通常肉体があること=私は生きている!!と実感していません。

    実際に肉体が生きていても死にたいといいますし、そして自殺もします。

    私はこうしたい、あーしたいという考え方や自分の価値観、欲望を

    肯定されて始めて生きている意味が生まれます。

    否定されたら心=主体は殺されたことになります。

    人間は元々そう強く出来ていません、大人でさえも他者に自分の考えを

    否定されたら傷つきます。

    ましてや子供は自己防衛機制がぜい弱ですから

    親の否定に成す術もありません。

    これもダメあれもダメ、そんなこと許しませんいい加減にしなさいと

    言われ続けて十数年??否定の連続では心=主体は抹殺され、

    それはつまり主体の死を意味します。

    死にたい、生きていても意味がないという人は

    もう心はすでに死んでいるということを言っています。

    なので肉体だけがうごめいていることが辛いのです。

    命の尊さには主体(心)も含まれています。








     

    オールOKと躾の違い

    0
      オールOKと躾の違いがよく分からないと言われます。

      オールOK子育ては、子供から申告を受けたことに対して答えることであり

      子供の要求を否定せず受け入れることです。

      躾は幼い頃は人間的マナー、小学生になったら社会公共道徳のルールと

      マナーを教えることです。

      躾は、幼い子は視覚情報で学びますから親がやって見せて教えます。

      つまり大人の立居振舞が躾になります。

      親がテレビを見ながらご飯を食べていれば同じように真似ます。

      親が椅子に足を立てて食べていれば子供も後に同じことをします。

      親が寝る前に歯を磨かなければ子供も磨きません。

      食卓が和気藹々で食べていたら楽しく食べます。

      食事する時は食事を、遊ぶ時は遊ぶというように場をわきまえるというのは

      食事をするダイニングとテレビを見るリビング、遊ぶ部屋と寝る部屋と

      分かれていることが理想です。

      家が人間を作ると言います、例えば2LDKでも機能を分化し使い分ける生活を

      親がしていれば、あーしなさい、こうしなさいと言わなくても子供は見て学びます。

      ですから親はいつも子供から見られているという意識を持ち自分を律して

      生活していなければいけません。

      躾は教育であり、オールOKは主体の尊重と欲望の充足ですので

      全く別になります。

       

      今日の私が明日を作る(未来は白紙)

      0
        昨日と変わりない私なら明日も変わらないだろうと

        予測できます。

        昨日の自分よりもちょっとでも変化があったら明日も

        変わっているかもしれないと思います。

        今日が明日を作るので、未来をどうしたいのかは自分次第だと

        いうことになります。

        運命を人生を操作しているのは今日の自分です。

        私の人生はこんなものさと諦めるということは逃げ出すということ、

        自分の人生を放棄してしまえば自分が自分を見捨ててしまったことになります。

        そういう思考になったのは見捨てられた自分がいたからかもしれません。

        そう思うことも当然かもしれません、そんな中でも生きていれば明日は来る

        のであれば人生を覆すことも出来ます。

        何故なら今日の私が明日に転写するのですから、

        未来はそもそも白紙と言えるでしょう。

        結局は人生は自分の思い通りになっているということですね…。


         

        男の講座について

        0

          3年前から毎月一回「男の講座」を開いています。

          参加者の疑問全てに明快に丁寧に尚且つすぐに実践に

          役立つ方法をお答えします。

          一例をあげれば、嫌いな上司との付き合い方、女性の部下の扱い方、

          男らしさとは?

          妻から尊敬されるにはどうしたらいいか?

          働く意味とは?

          どうしたらお金への執着を手放せるのか?

          生きがいを見つける方法は?

          父が大黒柱になるには?

          父としての役割とは?

          子供に語るべきことは?

          妻は夫に何を求めているのか?

          女性はどうして記念日や誕生日を覚えているのか、

          又、何年も前のことを蒸し返す心理とは?

          妻の話しが長いのはどうしてか?

          女性のよく言う「でも、だって」の撃退の仕方…などなどなんでもありです。

          今回、新規参加者を募集します、定員は5名となります。

          開始は8月からになります、詳しくはホームページをご覧下さい。



           


          父の権威をつくる

          0
            子供は母しか必要がなかった時代を経ると

            家の中に父の存在が目に入ります。

            子供がゲーム買ってと言った時にお母さんは

            お父さんに聞いてみなさい、お小遣い上げてと言われた時に

            お父さんに相談してみなさいと言えば

            決定権はお父さんにあるとわかります。

            あくまでも主導権を握っているのは父であるという

            ことを見せなければいけません。

            子供からの要求にお母さんが一人で決済しているとなると

            財布の紐を握っているのはお母さんとなり

            権力者は母になってしまいます。

            又、お父さんが「お金のことはお母さんにまかせているから

            聞いてみなさい」これでは父の権威は放棄している

            ということになります。

            日用雑貨品はお母さん決済で構いませんが、

            例えば1万円以上のものはお父さんの決済を仰ぐというように

            家庭内のルールを決めておくといいと思います。

            お母さんに決定力がないので子供たちは物足りなくなり

            お父さんてすごいなーと段々頼ってくるようになります。

            こうして今まで母子べったりだった関係に

            父の権威に依存するという形で引き離します。

            家庭の中で父の地位を確立することが大切です。

            確立できなければ子供にとっても母にとっても

            父は必要ない後にいらない存在になってしまいます。












             

            好奇心

            0
              好奇心のない子供はいません。

              その芽を摘まない限りにおいて好奇心は持ち続けられます。

              好奇心があって始めて「これなんだろう?」

              と対象に興味を持ちます。

              興味を抱くと「どうなっているんだろう?」とどんどんそれを

              追求し理解しようと思います。

              理解すればその対象に愛着を持ちます。

              同時に知る喜びも味わうことが出来ます。

              その愛着は好きということですから最終的には対象への愛(人間愛)

              を育てることになります。

              《 好奇心→興味→理解(知)→愛着→対象愛 》

              危ないからやめて、汚いから触らないで、片づけるのが大変だから

              そんなことしないで、一々付き合っていたら時間がかかって…と

              言いたくなる気持ちはよく分かりますが、

              やはり好奇心はそもそもの出発点です。

              上記の経験をした子供が大人になって今度は自分への問いかけが

              出来る構造になります。

              自分とは何者か?私はどこへ向かえばいいか?

              アイデンティティーの問いかけに答えを出し、

              なりたい自分になって行く。

              つまり新しい自分を発見し続けることが出来るのです。
















               

              意識する

              0
                旅行に行きたいなーと思っていると本屋に行っても旅行雑誌に

                目が留まり、ネットを見ていても格安航空券とか旅行に関する

                記事ばかりを探します。

                そろそろ一戸建ての家が欲しいと思っているとあーここに

                モデルハウスがあったのかと気付いたり、一軒家ばかりが目に入ります。

                自分が何かに意識を向けているとそのものばかりに注意を向け

                それを探します。

                逆に何も意識していなければ普段私達は何を見てどこに向かって

                いるのでしょうか?

                それは過去=コンプレックスに向かっています。

                コンプレックスに振り回されて生きている、

                自分のコンプレックスに自分が囚われて生きている

                ということになります。

                人は同時に2つを意識することは出来ませんから

                積極的に自らが何かについて意識・注目していれば

                いいということですね^^。







                 

                言葉が通じない

                0
                  生まれた時人間は言葉を持っていません、

                  それが後に言葉を持ち使い始めます。

                  その言葉を発した時、他者(親)に伝わらなかったらどうでしょうか?

                  お母さんこっち見て!と言っても見てくれない、ジュース飲みたいと

                  言ったら麦茶がでてくる、転んで痛いよーって言ったのに痛くない痛くないと

                  言われる、暑いから服を脱ぎたいと言ったのに暑くないでしょうと・・・

                  自分の言っている言葉が通じない。

                  お利口にしていたら○○買ってあげるねと言ったのに

                  お利口にしていても買ってくれなかった、

                  今度の休みはお父さんが遊園地に連れて行ってくれると約束したのに、

                  お父さんは疲れたからまたにしようと言った。

                  言葉が信じられなくなります。

                  こうして言葉に信頼性が持てなくなり、その言葉を使うのは人間

                  ですから人間への信頼性がなくなり、

                  人が信じられないとなります。

                  言葉が伝わらない、通じないのであれば

                  自ら言うことをやめ、そして人の言うことは聞かなくなります。








                   

                  性格

                  0
                    人の一面だけを見てこの人はいい人だ、いやな人だと

                    決めつけてしまうことがあるように思います。

                    例えば、Aさんはいい人だなーと思っていたところに

                    ある時とってもいやな一面を見てしまいました。

                    するとAさんは自分にとって「いい人」から「いやな人」に

                    変わってしまいました。

                    これは恋愛関係において特に顕著に表れますね。

                    あんなに好きだったのに大嫌いになって顔もみたくない…と。

                    一面だけしか見ていなかったのが問題ですね、

                    人はそもそも多面的存在です。

                    自分を見てみましょう、

                    やさしいところ、陽気なところ、頑固なところ、

                    面倒くさがりなところ、ケチなところ、意地悪なところ…と

                    色んな自分がいて一人の私です。

                    それが、ある一面だけを見て自分を評価されたら

                    辛いものがあります^^;

                    人はみんな、素晴らしいなーという部分もあったり、ちょっと足らない

                    ところもあったりと、明と暗、表と裏、正と逆といった相反するものを

                    同時に持ちながら一人の人間の性格として構成されています。

                    ですから他者の多様な価値観を統合して見ることが

                    出来ればいいですね。

                    考える=人間になる

                    0
                      どうしたら主体性を持てるのでしょうか?

                      主体性を持ちたいとよく言われます。

                      それは自分の欲望をはっきりと言葉で言えた時が

                      主体性を持った時ということになります。

                      寝たいとか食べたい出したいなどの生理現象を

                      指してはいません。

                      自我理想を持った時という表現にもなります。

                      自分の理想像を明確に描きそれを言葉にすることは

                      中々難しいことではあります。

                      最近読んだある本にこう書いてありました。

                      「思考しなかったら人間ではない、人間というのは考えるから

                      人間なのだ。従って考えることを放棄(思考停止)して

                      しまったら救いようがない」と。

                      その通りだと思いました。

                      どういう生き方をしたいか、自分のやりたいことは何か、自分は何を

                      欲しているのかと本気で考えれば長い年月かけてでも必ず答えは

                      見つけられると思います。

                      一人では見つけられないと思えば何か(誰か)に頼ってでも

                      探し出します。

                      「人間は考える為に生まれている。それゆえ人間はひとときも

                      考えないではいられない」というパスカルの言葉もあります^^;


                      自分はイミテーション(偽物)だ!と語ったクライアントがいます。

                      つまり自分は本物の人間じゃない=考えない、で生きてきたと

                      言うことに気付きました。

                      考えることが主体性を持つ為のスタートです^^








                       


                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      ハロー!パソコン教室 

                      みんなのブログ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM